FC2ブログ

話す、りっつん。

つくばにあるナチュラルコスメ・雑貨&穀菜カフェレストラン 「りっつん」のスタッフがお届けする裏りっつん情報です!

【スタッフ愛用品】AUBREY(オーブリー)の化粧水

りっつんスタッフがお届けする愛用品のコーナー。
特性や使用感など詳しくお伝えします。
今回は「AUBREY(オーブリー)の化粧水」です。

私がオーブリーを使い始めたきっかけはお値段が2310円と手頃で、
しかも237mlとたっぷり使えたからです。

最初は写真右ピンクのラベルの乾燥肌用「ローザモスクエータ」を使いました。
冬の乾燥する時期だったのですが、その保湿力にびっくり!
ローズヒップオイルが入っているので、化粧水だけでしっとりしました。
毎日化粧水パックをしているのですが、ローズヒップオイルのお陰か、
数年前に海で真っ黒に焼けてできた顔のシミがだんだん消えていって、
去年専用の機器で調べてもらったときにはシミがゼロになっていました。(私個人の体験です・・)

しかし、だんだん春になるにつれて、保湿力の高さが重くなってきました。
それに加え季節の変わり目でお肌が荒れ、ほっぺやおでこに赤いブツブツが・・・
これこそ「敏感肌」ということで、敏感肌用の「ベガコル&アロエ」(写真中)に替えてみました。
この化粧水はエタノールが入っていません。
なので荒れて薄くなったり、傷ついたりした皮膚にもしみないのです。
赤くなった肌を鎮静させてくれるラベンダー水が入っています。
これに切り替えたお陰か、私の赤いブツブツは一週間程でひきました。
それから冬から春の変わり目にはこの化粧水を使っています。

そして今の季節はノーマル肌用の「グリーンティー」(写真左)を使っています。
なんといっても嬉しいのは、緑茶カテキンがお肌の透明感を引き出してくれること。
ただ顔につけても、もちろんいいのですが、化粧水パックをすると特に実感します。
自然の成分でお肌が明るくなっていくので、とても嬉しいです。

AUBREYは他にも混合乾燥肌用・混合脂性肌用・脂性肌用と、
今回紹介したものと合わせて6タイプの肌に合わせたシリーズがあります。
リーズナブルなお値段なのでその時々の肌の状態によって使い分けるというのも
賢い使い方かもしれません。(防腐剤等の保存料は入っていませんので、しばらく使わないときは冷蔵庫へ)

AUBREYの化粧水は6シリーズ全てに毛穴を引き締めるハマメリスエキスが入っていますので
お悩みの方には特におすすめです。

敏感肌用「ベガコル&アロエ」以外にはエタノールがしっかり入っていますので
エタノール等のアルコール成分が苦手な方にはおすすめできません。

また、AUBREY製品にはアロエが使われることが多いので、
アロエで肌が荒れてしまう方は成分表示をよく読んでからご購入ください。

化粧水パックは水で濡らして軽く絞ったコットンに化粧水をしみこませて、
コットンを5枚程に薄く分けてお顔につけるパックです。
そのままですと3分くらい(コットンの端が乾き始める前に)で外して、乳液等をつけてください。
化粧水パックができるオーガニックコットンも販売しています。

オーブリートナー

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する